2005年12月11日

遠野のカッパとは?

  遠野にはカッパ話がいくつもあります。『遠野物語』に書かれているカッパ、遠野の「昔話」などに登場するカッパ、さらには目撃談などいろいろです。街角や観光スポットなどには様々なカッパのオブジェが、いろんな場所に置かれています。
  しかし、実物のカッパをとらえた写真などは残っていないようなので、それらをモチーフにしてオブジェなどは創造された物でしょう。

  遠野に限らずカッパという生き物は「緑色で、お皿があって、きゅうりが好物で…」というイメージがあります。でも、ここ遠野には、それとはまた違ったカッパというのも存在します。
  それらを踏まえて、遠野に住んでいるカッパはどのような姿をしているのか、ちょっと考えてみました。



[1]遠野市内にある、カッパをモチーフにしたオブジェ

カッパ1カッパのキャラクター「カリンちゃん」。
2頭身の緑色のカッパ。



カッパ2歩行者用道路の出入り口にあったカッパの顔。
特に変わりのない普通のカッパ。



カッパ3観光スポットの所々で見かける陶器のカッパ。
青白い。



カッパ4遠野駅前の池にあるカッパ像。
赤く、顔も怖い。



カッパ5カッパ淵にある、カッパが狛犬(こまいぬ)になったというカッパ狛犬。
狛犬の頭にお皿が付いたもの。


  かわいらしいキャラクターものから、ほぼ妖怪だと思える怖い顔のものまで様々です。共通しているのはお皿があるという事ぐらいでしょうか…



[2]『遠野物語』などには、

・「奇形極めて醜怪なるものなりき。」(『遠野物語』55話)
 ⇒奇妙な形をしていた

・「身内に真赤にして口大きく、まことにいやな子なりき。」(『遠野物語』56話)
 ⇒からだじゅうが真っ赤で、口が大きい

・「(河童の足跡は)猿の足と同じく親指は離れて人間の手の跡に似たり。長さは三寸に足らず。指先の跡は人のゝように明らかに見えずと云う。」(『遠野物語』57話)
 ⇒猿の足のように親指が離れているが、人間の手に似ている。
  長さ約9cm足らず。人のような指紋は明らかには見えない。


・「遠野の河童(かっぱ)は面の色赭(あか)きなり。三本ばかりある胡桃の木の間より、真赤なる顔したる男の子の顔見えたり。これは河童なりしとなり。」(『遠野物語』59話)
 ⇒顔が赤い。河童のことを、真っ赤な顔をした男の子とある

・「この岸に洗濯や水仕事などで近寄ると、水面から顔を出し、腰の辺りをのぞきこむ色ごのみのカッパでした。」(遠野市松崎「太郎かっぱ」説明書き)
 ⇒色ごのみ

・昔話で語られるカッパは、だいたい次のようなかんじです。
 ⇒子供の手に見えるが水かきがあり、
  人ならば7、8歳ぐらいで、お皿がある



とあります。
  これらを見ると、決して可愛いものではないのだな、と思います。「体が赤くて口が大きく、手は水かきがあり足は猿のよう、7・8歳ぐらいの子供に見えて色好み」ということになります。



全部合わせて、「遠野のカッパ」を絵にしてみると

絵 カッパ


ここのカッパは、他とはちょっと違う姿のようです。
posted by とぽ at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | …遠野。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月09日

キャラクターシール

シール1  遠野のお土産として売っている「カリンちゃん」というキャラクターのシール。1.5cm×1.5cmのが50枚くっついてて100円。どんどん張っても減らないくらいあります。



シール2

  後ろには「曲がり屋」があって、しょってるのは何の花でしょうか? 見たところ、曲がり屋から出てきたカリンちゃんが、花を背負って何処かへ出掛けるところのようです。
posted by とぽ at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 【記念に】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月05日

山崎のコンセイサマ 「1.5mの石」

コンセ 6


  柳田国男の『遠野物語』の中に 「コンセサマを祭れる家も少なからず。石又は木にて男の物を作りて捧げる也。」 ⇒ 「コンセサマをまつっている家もすくなくない。石、または木で男根の形を作ってまつるのです。」 とあります。このお堂の中にその「コンセイサマ」があります。

山崎コンセサマ「山崎のコンセイサマ」までは「遠野駅」から車で20分。
すぐ目の前まで車で行けます。

続きを読む

2005年11月28日

宮守駅 「のどかな駅」

宮守駅1M 宮守駅  2005年、今年の10月1日から遠野市と合併し、遠野市宮守(みやもり)町となった「宮守」。

  「遠野」と「花巻」を往来する車が通る283号線。そこから裏道へ一本入ると、昔風の通りを思わせる、狭い道があります。その通り沿いに釜石線の「宮守駅」は、あります。

宮守駅2


続きを読む

2005年11月27日

めがね橋 「『銀河鉄道の夜』の橋」

めがね橋1


M 宮守駅  遠野市宮守町で一番有名な観光名所、
「めがね橋」です。
  宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』のモチーフになった橋です。

続きを読む

綾織の水車小屋「人知れずある水車」

綾織水車6M 千葉家「遠野駅」から15分の所に「南部曲がり家・千葉家」があります。その駐車場から396号線をはさんだ反対側に「綾織(あやおり)の水車小屋」はあります。


「綾織」という地名は、『遠野物語捨遺』の話の中に「天人児(てんにんこ)(※遠野にある六角牛山の天女)が曼陀羅という布を織った」という逸話があり、その織物を光明寺(綾織町)に納めたことから由来しているそうです。

綾織水車7

続きを読む

2005年11月26日

一番搾り! 「遠野産ホップ!」

一番搾リ1

一番搾り7
遠野産ホップ使用という
一番搾り」!
一番搾り8 KIRINビールが出している、遠野のホップを使用したという、数量限定のビールです!
 普通の「一番搾り」とどう違うのか、飲み比べてみました。


一番搾リ2


 左の白い缶が「普通の一番搾り」で、右が「遠野産ホップ使用の一番搾り」です。缶の輪郭(りんかく)は全く同じ。基本的なデザインも、ほとんど一緒。栄養成分もまるっきり一緒です。
一番搾リ6


一番搾リ3まず初めに、普通の「一番搾り」を。
旨い!苦味が効いてて美味しい!

一番搾リ4
次にいよいよ
「遠野産ホップ使用」の
一番しぼり。
コップに注いでみると、色もまるっきり同じ。
見た目では区別がつきません。
飲んでみると、初めの苦味は同じですが、
その後、遠野産ホップ(!?)の香りが鼻にぬけてく感じです。
マイルドというのでしょうか。
飲み比べてみると、はっきりと違います。

 そしてもう一度普通の一番搾りを。やっぱりこっちの方が後味がすっきりしています。結局どっちも旨い!。でもたくさん飲めるのは普通の一番搾りの方かとも思います。

一番搾リ5 最後に5:5でブレンドしてみました。これが意外と美味しいです。試しにやってみたのですが、一番美味しい飲み方を見つけました。
キリン
posted by とぽ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 【記念に】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月21日

追分の碑 「分かれ道」

この追分(おいわけ)の碑は、大槌(おおづち)道と早池峰(はやちね)道の分岐点にあった道しるべの石碑だそうです。
石碑に彫られている文字は、「金比羅大権現(こんぴらだいごんげん)。右はおおづち。左ははやちね。」です。

追分の碑


今は340号線の道端に、静かに置かれています。立ち止まって見る人は今やいませんが、昔はこのような石碑道標がきっといろんな分岐点置かれ、人々は足を止め、行く道を確認していたのでしょうか。





posted by とぽ at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 【石碑・石 めぐり】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太郎カッパ

M 太郎カッパ
松崎町光興寺(地名)にある「太郎かっぱ」までは
「遠野駅」から車で5分。
「太郎カッパ」が住んでいたという所です。



 駐車スペースに車を停めて中へ入ってみると、整備された池があり、ちょっとした公園になっています。

太郎1


 遠野で「かっぱ」といえば、まず土淵にある「かっぱ淵」が有名ですが、この「太郎カッパ」がある猿ヶ石川沿いのほうが河童話は多いのだそうです。

 ここの「太郎かっぱ」は、この岸に洗濯や水仕事などで近寄ると、水面から顔を出し、腰のあたりを覗き込む、色好みのかっぱだったということです。

太郎2


 全体的にとてもキレイにされていて、ゴミもなく、落ち着いた雰囲気の場所でした。

 屋根の下のベンチに腰掛けて、池の鯉を眺めるのもいいです。

太郎3

池の側にはこのようなものがあります。
「太郎カッパ」と、隣に座っているのはおそらく
「下方の女ヶ淵に住んでいる」と
言われている女河童のようです。

眺めている先は…

太郎4

2005年11月19日

カッパなもの―1

サイクリング看板

「サイクリングコースの案内板」
綾織 日陰橋

カッパが自転車に乗ってます。



遠野市看板

「ここから遠野市」
宮守

10月から合併して遠野市になった「宮守」。
新たにここへ建てられた案内板、四角くあいている所には、
おそらくカッパの絵が入れられるのでしょう。



工事看板

「下水道工事中」

工事中の看板にもカッパの絵が。
遠野では、白いものにはとりあえず緑のカッパが書いてあります…
posted by とぽ at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 【かっぱなもの】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。