2005年11月27日

めがね橋 「『銀河鉄道の夜』の橋」

めがね橋1


M 宮守駅  遠野市宮守町で一番有名な観光名所、
「めがね橋」です。
  宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』のモチーフになった橋です。

めがね橋5  元々、1955年2月に宮守村、達曽部村、鱒沢村中の3村が合併した宮守村は今年、2005年10月1日から遠野市と合併し、遠野市宮守町とまりました。

  すぐ近くに「道の駅みやもり」があります。ここを訪れる人たちはみな、ここへ車を停めてめがね橋を観光し、そして物産品を見て回っています。
めがね橋4  道の駅のすぐ隣りは、川沿いのちょっとした公園になっていて、「めがね橋」を眺めるのに絶好のポイントです。


  この「めがね橋」の上はJR釜石線が走っていて、「宮守駅」と「柏木平(かしわぎだいら)駅」の中間にあり、下を走る道路は遠野から花巻へ向う238号線です。
  1915年(大正4年)に、旧岩手軽便鉄道が開通したのと同時に架けられて、その後、修復されたものだそうです。緩やかにカーブしている、とても綺麗な形の橋です。正式名称は「宮守川橋りょう」というそうです。

めがね橋2めがね橋3  この橋の真下に立つと、横を流れている宮守川のせせらぎが反響して、橋からその音が聞こえてきます。


  遠野市内のガードレールには、ここをモチーフにしたものもあります。
めがね橋6  ライトアップされているじきもあるようです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9875865

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。