2005年11月18日

遠野郷八幡宮 と「蛇」

M 遠野八幡郷
「遠野郷(とおのごう)八幡宮」までは
「遠野駅」から車で3分。



八幡宮1
「340号線沿いにある最初の鳥居」


八幡宮2 神社の駐車場に車を停めるとすぐ鳥居があり、境内へと伸びる直線があります。すぐ入ってみたくなりましたが、西の方を見ると、ここへと通じている参道が見えます。せっかくなので、少し戻ることにはなりますがたどってみると、340号線沿いに見えた鳥居へと出ました。
どうやらここが一つ目の鳥居のようです。

 鳥居横の石碑によると、この鳥居は「一の鳥居」というそうで、昭和62年1月9日の大地震(震度5)で、破損し、同年9月5日に修復が完工し、その時、神社側へこの鳥居を一間(約182cm)移動したそうです。

 今は前まで車で来られますが、昔の人々が通ったであろう「一の鳥居」から参道を歩いてくる(戻ってくる)と、再び先程の鳥居へと出ます。

八幡宮3


八幡宮7 鳥居をくぐり、そこから北へ真っすぐ伸びる本堂へと向う道を進むと、途中、馬場があります。この馬場は、流鏑馬神事(やぶさめしんじ)に使われるものです。八幡宮10 そこを抜け、さらに進んで階段を登るといよいよ遠野郷八幡宮が見えます。まず、立派な狛犬が4体置かれています。
 手前にある一対の狛犬は、なぜかは知りませんが、それぞれマリと小さい狛犬に足を掛けています。
 その間を通りお堂へ向おうとした時、狛犬の台座の下に蛇が…

八幡宮4


八幡宮11 一瞬驚きましたが良く見ると、とてもキレイな蛇です。脱皮したてなのか、雨に濡れているせいなのか、艶やかに光り、黄金色にも見えます。ウロコの色合いがとても立派な蛇です。
 この場所で蛇を見ると、ただの蛇とは思えません…
 

八幡宮6

遠野郷八幡郷は元々、ここから西の方へ少し行った所、
松崎町光興寺宮代にあったそうです。
そこは現在「元八幡」と呼ばれています。

 1661年(8月28日)に、南部直栄が現在地の
松崎町白岩に遷宮(せんぐう)したそうです。

色も形もとても美しい神社です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。