2005年11月07日

角助の墓 「しし踊りの振り付け師」



角助 墓


江戸時代、京都で見たしし踊りを遠野郷に
持ち込んだ舞い手という「角助」(かくすけ)(〜1775)の墓です。


角助 しし
しし踊り(遠野まつりにて)


「覚助」(かくすけ)が伝えた、また、「東山五書」が伝えた、
という説もあるようです。


角助 祠
墓の横にある祠
posted by とぽ at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 【石碑・石 めぐり】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。