2005年11月01日

清心尼公の碑 「女の殿様」

M 太郎カッパ遠野駅」から車で5分。


道端に車を停め
歩いて民家の間(民家の庭!?)を通って少し行くと、
「清心尼の碑」があります。

清心尼公1



 「清心尼」は八戸南部領主第19代・直栄の娘で名は「祢々」(ねね)。父が男子を得なかったため、その弟の直政と結婚し、直政は八戸南部領主第20代となります。
 その後、病弱であった直政と後を継ぐはずだった久松に先立たれ、未亡人となってしまいます。
 29歳で第21代の領主となり、1627年(寛永4年)3月、乱れていた遠野郷の治安回復のため、盛岡南部から領地の移動を申し付けられて、その時治めていた八戸から「遠野郷最初の殿様」、女の殿様としてこの地へやってきます。
 遠野南部と称し、女らしからぬ見事な政治力と才量を発揮したそうです。


清心尼公2



 1644年(正保元年)6月4日、59歳で亡くなりました。
家臣や領民が「清い心と公正な人」という意味で「清心様」と尊敬をもって呼んだのものを、後に「清心尼」と家系図に記入したそうです。
 大慈寺(だいじじ)(現在・大工町にある)がこの光興寺(地名)にあった時に葬られ、大慈寺が他へ移った後もここに残されて、側に「清心尼公碑」が建てられたものだそうです。



 手前の赤い字のが「清心尼の碑」で、柵に囲まれているのが葬られている場所です。
 一度見ておこうと思い来たのですが、けっこう、遠野の歴史上重要なものなのですね。
 コケがちょっと気になりますが、まだ新しい菊が添えてあったりして、いまだに「清心尼」は慕われているのでしょうね。
posted by とぽ at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 【石碑・石 めぐり】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。