2005年10月29日

遠野駅・2 「河童を探す」

遠野駅前には、いろんな所にカッパがいます。

広場のカッパ池にいる4匹はすぐ目に入りますが、なかには知らずに見逃してしまうものもあります。




駅を出て、右に歩くと
ポストの上には木彫りのカッパ


駅 ポスト

珍しいポスト




そのまま歩くとバス停の側に
木彫りのカッパ


駅 木彫り

「近江」という方の作品のようで、
横の土産屋でこれの小物などを売ってます。




そのまま歩くと
交番もカッパ


駅 交番

なんでウィンクを…




振り向くと
屋根の上にもカッパ


駅 屋根かっぱ

遠くから見つけ、「…まさか」と思い近づくと、
やはり居ました。




歩き続けると
カッパの足跡が


駅 足跡1

まだ新しい足跡みたいです。
まだ近くにいるかも…


駅 足跡2

どこに行ったのだろう…

『遠野物語』に出てくる「河童の足跡」は、
9cm弱で親指が離れていて、
人の手の跡によく似ているそうです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。