2006年03月12日

ふるさと村(2) 「どべっこ」

どべっこ


  遠野に来たら一度は飲んでみたい「どべっこ」。この「遠野郷どべっこ」は、遠野の外では飲むことができない門外不出!?のお酒。


  遠野を訪れた人しか飲むことができないこの「どべっこ」は、遠野の昔の人たちが飲んでいたお酒なのだそうで、いわゆる濁り酒・もろみ酒、「どぶろく」がなまって「どべっこ」と呼ばれていたそうです。でも、いま現在遠野で造って売られている「どぶろく」(濁り酒)と味は全然違います。

  「遠野どべっこ祭り」というのが行われている時に訪れて飲んだのですがその味は。
  にごり酒というと甘味があって、少し酸味があってというような味を思い浮かべてましたが、予想とはだいぶ違いました。米の味そのもののお酒というか、甘味はなくてすごく素朴な味です。米の味と酸味、全く飾り気のない味というのでしょうか。こういうお酒を飲んでいたんだなあという感想です。ししおどり

  当日は、郷土芸能も見ることができて、どべっこを飲んで曲がり屋からしし踊りを眺めたりなど、存分に遠野にひたることができました。




目次
posted by とぽ at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 【観光施設 めぐり】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。