2006年04月11日

続石(3)「山神のタタリ」

登ること10分。
静かな山中に突如現れる高さ4m、3つの大石。
それらが不自然に重なり合う。

続石(つづきいし)と呼ばれるこの物体は、
弁慶の仕業なのか!? ドルメンなのか!?

続石11


  「続石(2)」では、なぜこのような形をしているのか、「べんけい!? ドルメン!? 自然に!?」と書きましたが、またこの続石は鳥居の形もしています。続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。