2005年12月25日

大慈寺 「遠野南部の菩提寺」

  『大慈寺(だいじじ)』は、遠野市大工町(だいくちょう)にあります。
  遠野で慕われた女の殿様「清心尼」の墓があった寺、また「五百羅漢」を彫った19代・義山(ぎざん)和尚の寺です。

大慈寺1


  遠野南部家の菩提寺(ぼだいじ)(※家代々の墓をおく寺)である大慈寺。

大慈寺2  1411年(応永18年)、龍伝恵全(けいぜん)和尚が八戸(青森県)に開き、南部直栄の遠野移封に従い1627年(寛永4年)に遠野市松崎町駒木(こまぎ)へ移ります。
  それから松崎町光興寺(こうこうじ)へ移り、そして現在地の大工町(だいくちょう)へ1658〜61年(万治)に移ります。

  現在の大慈寺は1924年(大正12年)に再建されたものだそうで、二度、1724年(享保9)年と1923(大正12)年に全焼しているのだそうです。

大慈寺4  鍋倉城二の丸跡に現在ある南部歴代の墓が以前はここにあり、1973年(昭和48年)に移ったといいます。そして光興寺の時に葬られた「清心尼の墓」は、寺が移った跡もそのままの場所に今も置かれています。

大慈寺3


  南部家とは、遠野へやってくる以前から関わりを持つ大慈寺。そしてこの寺の義山和尚は、遠野の人々の苦境を嘆(なげ)き五百羅漢像を彫り続けた。遠野の歴史と深く結びついているこのお寺、墓石に囲まれ静かに今の遠野を見守っているのでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。