2005年12月21日

遠野と鈴

  ある遠野での朝、散歩をしていると鈴の音が聞こえてきました。鈴はシャラシャラと、高らかに良く響きます。見ると、小学生の女の子が元気良く走りながら登校しているところで、背負ったランドセルの脇にはしっかりと鈴が結びつけられていました。

  この子が、何の飾りもないただの鈴を自ら好んで付けたとは思えず、なぜなのだろうとちょっと不思議に思いました。考えてみると、ここは周りを全て険しい山々に囲まれた遠野、そして揺れる度に鳴っている鈴。

鈴  聞いてみると、やはり『熊』よけなのだそうです。もしかしたらとは思いましたが、本当にそうだとは驚きました。そのために学校から配られた物だといいます。

  防犯ベルを付けた小学生は見た事があっても、熊よけの鈴を付けた小学生というのは、遠野に来てから初めて見ました。

  遠野の中心街での話ですので、ここで熊が出没する事などはまずないはずですが、一応、警戒対象の一つとして熊があるようです。




  遠野を色々細かくめぐろうとすると、どうしても、少し山に入った所へ行く事が多くなります。そういう時、どうしても気になってしまうのが、その『熊』です。出ないだろうかと気になってしまうのです。

  遠野の中心街からはずれ、数十分車で走り、そしてたどり着いた所などはしーんと静まり返った場所である事が多く、自分の足音以外には草木の揺れる音しか聞こえない、そんな中でふと、その事を思い出してしまいます。

  時々、道が分からず遠野の人に尋ねるた時などは、いつも皆快く、とても親切に教えてくれます。どうしても気になるので、ついでに、「そこ、熊は出ませんよね…」と聞くと、「…なんとも言えない」と言われる事も…。おそらく、出ないだろうけど言い切れはしないという感じでしょう。

  熊は前足の方が短いから、前のめりは走りずらく、下り坂が遅いと教えてもらった事もありますが、100mを7秒ぐらいで走るというのを、何処かで聞いたことがある熊での話です、解消はされませんでした。

  何か音の出るものを身に付けるといいそうですが、それはまさに『鈴』なのでしょう。

  そういえば、山際で何か作業をしていた遠野の人が、腰に鈴を付けていたのを以前見たことがありました。 

  神社なども多く、お参りの鈴を鳴らす事も多いでしょうが、周りを山々に囲まれ、そして大自然に囲まれている遠野では、鈴の音を聞く事は殊に多しなのでしょう。
posted by とぽ at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | …遠野。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。