2005年11月15日

伝承園―1「伝承園」

伝承園入り口
「伝承園入り口」


M 伝承園伝承園」へは「遠野駅」から車で8分。
ほんの少しだけ離れてる「伝承園駐車場」に
車を停めて「伝承園」へ歩くと、
「古道跡」の鳥居の前を通ります。
入園310円。



伝承園工芸館
「伝承園内・工芸館」


「水車小屋」
「金勢様」
伝承園水車伝承園金勢様2005年5月13日に来園150万人を達成したそうです。
園内にはかやぶき屋根の家屋がいくつか建っていて、水車小屋などもありました。
「金勢様」(コンセサマ)は石でこのような形を造り祀っているもので、縁結び、子授け、安産、また豊穣(ほうじょう)、商売繁盛、さらには交通安全などとして、崇(あが)められているものだそうです。
遠野のコンセサマで有名なのは、大きな石で造られている土淵町松崎にある「松崎のコンセサマ」です。

「工芸館」の中には遠野のおばあさん達がいて、機織(はたお)りをしていたり、囲炉裏でヤマメを焼いていたりしました。
伝承園岩魚気軽に話してくれるので、遠野の人と話せるとても良い機会です。
そこで実際にワラ細工やお手玉作り、絵馬描きなどを体験できるので、やってみるのもいいかも知れません。伝承園馬っこ
そのおばあさん達が作った物をお土産として売っているので、お話したおばあさんのを買っていくのも、いい記念になるでしょう。
僕は、ワラ細工が一番上手だというおばあさんが作った、「馬っこ」(500円)を買いました。首に鈴が付いていて、シャリンシャリンと音がします。



伝承園喜善館

園内にある「佐々木喜善(きぜん)記念館」です。
『遠野物語』の話者として知られる佐々木喜善についての説明や
交流のあった人々の資料の展示などがされています。
特に佐々木喜善の生涯についての年表は、細かく書かれているので、
興味のある人にとっては見逃せないものではないでしょうか。
posted by とぽ at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 【観光施設 めぐり】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。