2005年11月07日

カッパ淵−1「カッパのいた淵」

M 伝承園遠野駅」から車で8分。
「常堅寺」のPに停め、お寺の裏へ回るとある
「かっぱ淵」です。



  遠野にはカッパ話がいくつもありますが、中でも有名なのがこの「カッパ淵」です。

カッパ淵 1




カパ淵 標識  「常堅寺」の裏へ進み、カッパ淵の少し手前で案内標識がありますが、「ゆったりコース」は何もないただの遠回りになってしまうので、「お急ぎコース」を行く方がいいかと…

  足洗川に架かる小さい橋を渡り、このカッパ淵へ行きます。



カッパ淵 3  馬を冷やしに淵へ行った子が、ほったらかしにして遊びに行ってしまいます。
  カッパが出てきて馬を淵へ引き込もうとしたが、逆に馬小屋まで馬に引きずられてしまいます。
  えさ桶(おけ)に隠れるものの家の者に見つかり、村中の者が集まってきて「殺してしまえ」となりますが、今後、悪戯(いたずら)をしないと堅く約束をして放してやったという。

カッパ淵2  このような話が『遠野物語』にあります。

また、「遠野市立博物館」では、これと同じような話の「かっぱのおくりもの」という話を、スライドで見せています。
こっちは、
  家の人に捕まった後、「毎日川の魚を届けるから」とお願いして許してもらいます。ちゃんと毎日届けていたそうですがある日、そのカッパが「苦手な鎌(かま)を通う道に絶対に置かないで下さい」と言ったのを忘れ、主人は鎌を置きっぱなしにしてしまいます。それから2度と来なくなった
という話です。

  このような話も含めて、「『遠野物語』」や「遠野の昔話」などにはカッパが登場する話がいくつもあります。


カパ淵 ポスター  以前はここに「阿部与市さん」というカッパ淵名物のおじいさんがいて、観光客にカッパの話を聞かせていたそうです。僕はテレビで見た事はありましたが、お会いした事は残念ながらありませんでした。ぜひ会って、カッパの話をいろいろ聞いてみたかったです。
カッパ釣りの人  僕が行ったときは、「カッパ淵の守っ人(まぶりっと)」という人に会いました。
  長靴を履いて麦わらをかぶり、首からかっぱの捕獲許可証を下げて、竹竿にキュウリを吊るして「カッパ釣り」をしていました。
  ここで会えば、子どもがカッパに団子をあげようとした話などもきっと聞けるでしょう。あと、カッパ釣りのコツなどを聞いてもいいかも知れません。



遠野の河童は顔が赤くて口が大きいそうです。
馬を食べるようなので、結構危険な生き物でもあります。
まさに「遠野駅前」のかっぱ池にいる
かっぱ達のようなのかも知れません…
駅 夜かっぱ
「遠野駅前のかっぱ」



カッパ淵4  今現在この川の深さは、ひざ下くらいまでしかないので、河童もかなり住みにくくなったと思われます。
  捕まえるには「捕獲許可証(遠野市観光協会)」が必要です!
  さらに河童を生け捕りにして遠野テレビへ連れて行くと「1000万円」です! 

遠野美景選「秋」−3

紅葉 1


「紅葉」
ふるさと村



紅葉 2


「もみじ」
ふるさと村



紅葉 千葉家


「紅葉・千葉家」
千葉家
posted by とぽ at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 【遠野 美景選 「秋」】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

古道跡 「古参道の鳥居」

M 伝承園「古道跡」は「遠野駅」から車で8分。
「伝承園」と「伝承園駐車場」の間にあるので、伝承園に行くのならついでに見れます。




古道跡 1




古道跡 2「早池峰山(はやちねさん)」への登山道の鳥居。遠野人に限らず、周囲の多くの人々にとってかけがえのない信仰の山であり、昔は早池峰山へお参りのために、この鳥居をくぐって険しい道を登ったそうです。


見ての通り、目に見えてワイヤーで補強してあったりして、ぎりぎりの状態です…
車道沿いにありますが、気付かずに通り過ぎてしまうかも知れません。昔はこの鳥居をくぐり人々が行き来していたという様子は、なかなかイメージしにくいですが、いまだに残る貴重な史跡です。



古道跡 3

近くの土淵小学校の裏には、古道の続き(!?)があります。
道のような跡は全くありませんが、
たぶんこの辺りが道だったのでしょう。



こっちは「石上山登山道の鳥居」です。
後ろの灰色の鳥居がよく似ています。石上山登山道

角助の墓 「しし踊りの振り付け師」



角助 墓


江戸時代、京都で見たしし踊りを遠野郷に
持ち込んだ舞い手という「角助」(かくすけ)(〜1775)の墓です。


角助 しし
しし踊り(遠野まつりにて)


「覚助」(かくすけ)が伝えた、また、「東山五書」が伝えた、
という説もあるようです。


角助 祠
墓の横にある祠
posted by とぽ at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 【石碑・石 めぐり】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。